なるべく治療を急ぐようにしましょう

病院

胆のうの機能が低下

消化を助ける役割をもっている胆汁というものがありますが、これを作り出しているのが胆のうなのです。人は食物を食べると胆のうに蓄積されていた胆汁が分泌されます。この胆汁が分泌されることによって消化をスムーズにしてくれるのですが、胆のうがんになるとその機能が低下してしまい、胆汁が分泌されにくくなります。胆のうが正常に働かなくなってしまえば、うまく消化を行なうことができなくなってしまうのです。このままの状態で胆のうがんの進行を放置しておけば、増々消化がスムーズに行なえなくなってしまうでしょう。それに加えて身体には様々な問題が発生してしまいます。

症状を知ろう

胆のうがんの代表的な症状としては、腹痛があります。しかし腹痛が発生してしまう原因は非常に多くあるので、一概にお腹が痛くなったからといって胆のうがんであると判断するのは難しくなっているのが現状です。しかし、痛みが発生する場所は限定的になっているので、目安として理解しておけば判断がしやすくなります。具体的に痛みが発生する場所としては、多くは胆のうが存在している右の脇腹辺りに痛みを感じるでしょう。または、みぞおち付近に痛みが発生することも少なくありません。もしもこれらの場所に定期的な痛みを感じているのであれば、胆のうがんである可能性があります。多くの人がたかが腹痛と考えて油断してしまいがちですが、できる限り注意するようにしましょう。

便に注目する

胆のうがんを患っている場合は、身体には明らかに通常とは異なった変化が現れるのですが、特に便には分かりやすい変化が現れます。特徴としては、白っぽくなっているといった点が挙げられます。これは胆のうがんによって胆汁が上手く分泌できなくなっていることから発生しているものなのです。または、尿に変化が現れるでしょう。具体的には尿の色が濃くなり、茶色っぽい印象を受けます。身体がかゆくなるといった反応も出ます。胆のうがんになるとビリルビンと胆汁酸という物質が血液に流れてしまい、それがかゆみの原因となってしまいまうのです。これらの症状が現れている場合は、すぐにでも専門的な検査を受けるようにしましょう。

改善を目指して健康的な生活を取り戻す

胆のうがんは治療によって改善を目指すことができる病です。胆のうがんに関する知識を身に付けて、適切な治療を行なうことで健康的な生活を再び取り戻すことは十分に可能になっています。諦めずに完治を目指しましょう。

できるだけ早期発見をしましょう

ドクター

早期発見のための知識

自身が胆のうがんだと気付かないで放置してしまう人は少なくないでしょう。発見が遅れてしまえば、その分だけ重篤な状態になってしまう可能性が高まるのです。また、より治療の負担も大きくなり、精神的な負担を感じてしまうようになります。早期発見に役立つ知識を身に付けて治療を受けましょう。

READ MORE
広告募集中